57-1杉本彩阿部定


※ 昭和11年に起きた衝撃的な猟奇殺人事件を基に、『花と蛇』シリーズの杉本彩が事件の張本人である阿部定を演じる愛憎劇。(監督:望月六郎 2008年公開)

<あらすじ>
カメラマンのイシダ(中山一也)は、白髪の老人オオミヤ(内田裕也)の異様な雰囲気に興味を覚え、後をついていく。 そこで妻サダ(杉本彩)を紹介されたイシダは、そのなまめかしい美しさに心を奪われてしまう。 やがてイシダとサダは激しくお互いを求めい……。





杉本彩 映画「JHONEN 定の愛」 濡れ場シーン集(10分23秒)の続きを見る→     動画を見る